【ネバネバ】納豆男子がアフリカへ納豆を届けるぞ!

クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で、
おいしい日本の納豆を、アフリカ人に食べてもらおう!』というプロジェクトがスタートしています。

20150616e

納豆男子は、「納豆が好き。」という男子達で構成される、納豆業界には属さない人々。
職業は 営業マン、デザイナー、エンジニア、教師、高校生、外国人などなど
様々な人たちが集まっており、納豆を沢山の人に食べてもらおう、と日々活動しているらしい。

7月3日(金)~7日(火)にアフリカ大陸のタンザニアの首都ダルエスサラームで開催される「第39回ダルエスサラーム国際商業祭“サバサバ”」ジャパン・パビリオンにブースを出展し、来場者に納豆を配付します。

detail_894_1431780272

納豆男子はアフリカへ進出する理由として下記の3つをあげています。

1. 納豆はアフリカへ進出したことがない。

納豆は、北米・南米・欧州・アジアには進出していますが、アフリカは未開拓の地です。
そこで、納豆男子が納豆をアフリカへ持って行きます。

2. 納豆ご飯が受け入れられる可能性がある。

アフリカには、日本よりもお米の消費量が多い国が複数あります。
そして、オクラのネバネバを好む食文化や、納豆の風味に似た食材があるため、納豆が受け入れられる可能性があります。

3. 納豆を買うことで、ボランティアになる。

納豆男子は、日本国内の納豆の売上の一部を、アフリカへ寄付する仕組みを準備しています。
皆さんが納豆を買うことで、アフリカの人達を応援することができるようになる予定です。
将来的には、その寄付金で、アフリカの子供たちに小学校や病院をプレゼントすることが夢です。

20150616d

ブース出展資金の目標金額は100万円。支援の受付は6月26日(金)までです。
資金は、サバサバ参加費用(ブース費用・納豆調達費用・現地での納豆保存費用)・渡航費用・滞在費用・国際クール便費用に充当予定。
3,000円以上の出資者には納豆男子セレクトの高級納豆やアフリカグッズなどのリターンあり。

興味がある方は投資してみては!?

Makuakeページ
https://www.makuake.com/project/nattodanshi/

納豆男子のページ
http://topology-association.org/

Sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Milliard
Sponsored link