ニジマス「マジ?www」山の水族館のLINE風解説板が話題

  

  
詳しい内容はこちら
  

  
※絶許=絶対許さない
  

ニジマス「俺って外来種らしいんだけど知ってた?」

自分(謎の魚)「は?マジ?www」

ニジマス「マジ笑えねーガチで在来種だと思ってたわ」
ニジマス「なんかひぃひぃひぃひぃひぃじいちゃんくらいがアメリカ?から連れてこられたらしいわ」

自分「まじかよ」
自分「でも別にお前悪くなくね?釣ったら楽しいとか食ったらうまいとか人気じゃね?」

ニジマス「なんか、イトウとかいうヤツと繁殖期とか繁殖場所がかぶるらしくてダメとか言われたwwwいみわからんw」

自分「マジかーないわーじゃあイトウがいねーとこなら問題なくね?この辺だったらいねーからいいじゃん」

ニジマス「俺って魚食うの好きじゃん?だからヤマメとかオショロコマとか食うのも良くないらしいんだよねーマジ絶望」

自分「俺の兄弟食ったのお前かよ」
自分「絶許」

  

LINEで右側の緑のふきだしは自分の発言を表し、名前が分かりません。
しかし最後の文章で自分(謎の魚)が実はヤマメで、兄弟を食べられたことを知ってしまい怒るというオチ。
おもしろすぎます。

この写真を投稿した、きみじま(@muk0jima)さんはいわき市出身の水族館飼育員。
しかし、このツイートが予想外に話題を集めてしまい他の水族館の宣伝をすることに…
それには思わず紹介してもらった 山の水族館(@onneyu_aqua) さんもツッコミを入れる程。

山の水族館「すごい宣伝になってしまってますが、上司に怒られませんか?ww こちらはウハウハです。(正直)」
きみじまさん「北海道の水族館が盛り上がればいいんです!\\\\٩( ‘ω’ )و ////うちも沢山見てもらえる解説板作り頑張ります!(ぐぬぬ…(笑))」
きみじまさん「つ、つぎは自分の水族館の取り組みで15000リツイート目指しますヽ(;▽;)ノ(笑)」

「ぐぬぬ…」と悔しがる素振りを見せるものの、北海道の水族館が盛り上がればいいというきみじまさん。

なぜこんな解説に?

withnewsのインタビューで副館長の山内創さんはこう言っています。

――思いついたきっかけを教えて下さい
「北海道ではニジマスは釣りや放流で地元に根付いており、外来種と知らない方が多くいらっしゃると感じていました。そこで、このことをを伝えたいと思ったんです」

――なぜLINE風にしたのですか
「水族館の解説板は9割方、読まれていないと言われています。どうしたらニジマスのことを知ってもらえるかと考えた結果です」

たしかに、魚は見ても解説までは熱心に読まないですよね。

ちなみに他の解説はこんな感じ。

山の水族館とは?

北海道北見市の留辺蘂町(るべしべちょう)にある、5分程度で回れてしまうほど小さい水族館。

普段から面白い展示をしている模様。

さすが北海道…というツイートも…

こんな写真が撮れるなんてすごい…!

おみやげは是非これを…!

施設情報

北の大地の水族館「山の水族館」
北海道北見市留辺蘂町松山1番地4
営業時間 (夏季)8:30~17:00 (冬季)9:00~16:30
休館日 (夏季)4月8日~4月14日 (冬季)12月26日~1月1日
公式サイト:http://onneyu-aq.com/


Sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Milliard
Sponsored link